競馬好きの競馬好きによる競馬好きの為のブログ♪

  もののふ競馬道のナビゲーター   トップページ > 天皇賞春  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞春の反省(^^;;

2013 - 04/30 [Tue] - 20:05

殿:先週の天皇賞春は残念だった。
印を打った6頭の内5頭が掲示板。
なのに馬券はハズレ(^^;;

小姓:ほんとですね(^^;;

殿:しかし、こういう感じで外した人も多かっただろうな。
去年に引き続き単勝1.3倍が馬券圏外に。近くて遠い当たり馬券と言う訳だ。

小姓:ほんと競馬は難しいですね。

殿:そうだなぁ。ノーマークの馬が突っ込んで来てハズレ、もしくは攻めた結果人気サイドでの決着でハズレは諦めもつくが、
選んだ馬通しでしかも安め配当に逃げた結果ハズレて高配当を逃すというのはやっぱり悔しい…。
いや、悔しいというか愚か者だ( ;´Д`)

小姓:そうですね(^^;;

殿:こうなってしまった敗因は1つ。
レースの度に買い方を変えてしまっている事これに尽きる!
いい加減馬券の型を決めないと同じ事の繰り返しだ。

小姓:確かにそうですね…。

殿:わしの予想スタイルは複勝率重視。
となると、
買う券種は複勝、ワイド、三連複。

複勝は余程の資金と胆力がないと話にならないので、
ワイド、三連複の2択だな。

小姓:殿の三連単全く当たりませんもんね♪(´ε` )

殿:はは…( ;´Д`)そうだな…。
今回の天皇賞春もそれではずしたようなもんだ…。
この敗戦を機にもう二度と買わない事にする…。

小姓:そうです。それがいいですよ!

殿:ワイド、三連複で勝負するとして、買い方をどうするか。
それを書くと長くなるので
それはまた明日話をする事にしよう。

小姓:はっはい(^^;;

スポンサーサイト

天皇賞春はこう攻める!

2013 - 04/28 [Sun] - 09:54

殿:さぁいよいよ天皇賞春だな。
ゴールドシップがどういうレースをするか楽しみだ^^

小姓:殿~今日の天皇賞春どう戦いますか!?

殿:おぅ!まずは我が軍の将の顔触れは

◎ゴールドシップ
〇アドマイヤラクティ
▲レッドカドー
★カポーティスター
△トーセンラー
注フェノーメノ

これでいくぞ。

小姓:若干変更しましたね!?

殿:おぅそうだな。
フェノーメノの評価を若干落とした。
能力的には問題ないとは思うが、オッズ的にな。
あとやはり京都初出走の関東馬そして母父がデインヒル。
◎が本命である以上飛ぶ方に賭けた方がよさそうだ。

その他は年内重賞勝ち馬をピックアップ。
長距離適性の高いハーツクライ産駒2頭が本線!

小姓:そうですか・・・。

殿:陣形は、
もう決め打ちでいくぞ!!!

◎頭フェノーメノはずしの3連単
◎→○▲★△→○▲★△

▲の底力に期待。
残りの国内3頭で注フェノーメノを抑え込めれば。

そして、
狙い澄まし3連単
▲→◎⇔○▲★△注

▲レッドカドー頭勝負!
香港ヴァーズを勝ち、ドバイワールドカップ、メルボルンカップで2着。
エリザベス女王杯を勝ったスノーフェアリーを日本に送り込んできたE.ダンロップ厩舎馬!
去年のジャパンカップも不利がなければ3着はあった!!と豪語してるので、
そのいいわけに乗っかってみることにする。

こちらは注フェノーメノを味方につけて、
敵将の封じこみに一役買ってもらう。

小姓:今回は▲レッドカドーがポイントのようですね。

殿:そうだな・・。助っ人外国馬に期待しなければならないほど、
◎と注の力が抜けている。
他の人気馬は重賞未勝利馬と9歳を超えた長老馬2頭。
正直負けないだろうw

ただその助っ人、じつは次走がシンガポールだそうだ・・。

小姓:・・・・。ここは叩き台ですかw

殿:ありえるかもなw
となると・・・。6歳の京都大賞典勝ち馬・・。やっぱりメイショウカンパクか。。

小姓:いらんでしょw

他の予想ブログも参考にどうぞ
↓↓↓↓↓↓
FC2 Blog Ranking

枠順確定!天皇賞春はこいつらで攻める!

2013 - 04/25 [Thu] - 22:55

殿:さぁ天皇賞春の枠順が確定した。
GWも目前だし、ここは景気良く当てておきたいな。今日はまだ木曜だが、もう天皇賞春を戦う為の将の選抜は完了してるぞ!

小姓:早いですね。(^^)
では、今年の天皇賞春はどう攻めましょう

殿:うむ。では、我が軍の将を紹介しよう。

◎ゴールドシップ
○アドマイヤラクティ
▲フェノーメノ
★カポーティスター
△レッドカドー
△メイショウカンパク
注トーセンラー

だ。

大将は◎ゴールドシップ。
これはもう仕方が無い。
わしの競馬歴はサンデーサイレンス全盛期世代。
正直この手の馬はみた事がない。
生粋のステイヤーとはこういう馬何だろうなと思う。
ここは大人しく本命。

副将○と爆穴★にはハーツクライ産駒の2頭。
どちらも距離を伸ばす毎に成績が安定。長距離適性は高いとみる。
どちらも今年重賞を勝ってるし、京都適性も高い。信頼できるだろう。

▲フェノーメノは京都未出走の関東馬。正直いらないパターンではあるが、前走のレースぶりを見ると、相当やれそうな雰囲気を感じた。ダービーではゴールドシップには勝ってるわけだし、宝塚記念は3強対決が囁かれるが、もしかしたら4強対決となるかもしれない。

押さえは△レッドカドー。
人気なら考えるが、香港ヴァーズ1着、ドバイワールドカップ、メルボルンカップ2着の実績馬。人気無いなら切る理由がない。

最後に△メイショウカンパク。
ゴールドシップが前を潰したところで後ろからの着狙いに賭ける。
この手の馬は人気が無いほどいい。

注はトーセンラー。京都適性は抜群!
前走内容良かったが◎と▲が本線である以上、3人気予想であるこの馬は全力買いは出来ない。
▲を切る事が出来れば(^^;
というか、それが正解かもしれないが…。

と言うわけで、
この7頭勝負。
▲と注の扱いに気をつけて
馬券の組み合わせは週末にでも!

小姓:ではまた週末お待ちしております。(^^;;

今週は天皇賞春穴馬の条件。

2013 - 04/23 [Tue] - 19:21

殿:先週のフローラSは人気馬軽視で穴狙いだったが、普通に1、2人気決着。
惨敗だったな( ;´Д`)

小姓:まぁ仕方ないですね(^^;;

殿:今週からG1連戦再開!
まずは天皇賞春か。

小姓:ゴールドシップで仕方ないですね。

殿:そうだなあ。
さすがに逆らえないな…。
ゴールドシップは置いといて、あと2頭なにが買えるか、考えようか(^^)

小姓:そうですね。

殿:まずはフェノーメノ。
3歳時に菊花賞ではなく、天皇賞秋を選択。当時は長距離適性に不安があってのレース選択だったんだろうけど、
前走の日経賞を見ると、随分競馬が上手くなった印象を受けたし、
母父のデインヒルに長距離適性を感じないが父がステイゴールド…。
あまり問題無いように思える。

小姓:買いですか?

殿:うむ~そうだなぁ。
この馬をスパッと切れないもしくは鉄板と言えない時点で、
天皇賞春は回避が妥当かなと思う。

小姓:そうですかぁ~。

殿:他の人気馬も過去傾向からハズレたり、中距離馬だったり、重賞未勝利だったりで、これと言って確信が持てない。
高松宮記念もそうだったが1強レースは穴馬が平気で突っ込んでくるから、馬券も難しい(^^;;

小姓:回避が妥当ですかね?

殿:それも面白くないので、少額で穴狙いでもしようか(^^)

ゴールドシップはいつものまくり競馬で、レースは向こう正面から動くから前の馬はしんどい。
となると、穴は阪神大賞典のデスペラードみたいに末脚安定した着狙い馬でいいんじゃないだろうか。

重賞実績があって、京都外回り勝利経験馬そして長距離血統。

となれば、これか♪(´ε` )
↓↓↓↓
FC2 Blog Ranking
(現在171位前後 行った先で「もののふ競馬道」でサイト検索)

小姓:それはないでしょ(^^;;

殿:そうかな?
ムスカテールやらデスペラードやらとそんなに変わらんと思うが♪(´ε` )

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

殿一気♪

Author:殿一気♪
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

人気記事ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。