競馬好きの競馬好きによる競馬好きの為のブログ♪

  もののふ競馬道のナビゲーター   トップページ > 弥生賞  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

…( ;´Д`)

2013 - 03/03 [Sun] - 16:18

殿:ど~~~~ん( ;´Д`)

小姓:Σ(゚д゚lll)とのーとのー大丈夫ですかーー。

殿:どーーーーーーーーーーん( ;´Д`)

小姓:と、殿??

殿:…( ;´Д`)

小姓:む、無念の敗退。
心中お察しいたします。

殿:…。

小姓:これは暫くそっとしておいた方が良さそうだな…。
殿がこうなってしまった理由は過去記事みてください…。
来週も当ブログをよろしくお願いします。( ̄^ ̄)ゞ

他の予想ブログも参考にどうぞ!
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

ダービーを見据えた激戦!弥生賞軍師の結論

2013 - 03/03 [Sun] - 13:22

軍師:さあ、弥生賞だ!じっくり行きたいけど、時間無いのでさらっと。

◎ダービーフィズ
○ヘミングウェイ
▲カミノタサハラ
★キズナ
△コディーノ
△エピファネイア

馬券は◎からのワイド流しでいいや。

小姓:ほんとさらっとですね。

軍師:写真をすごく楽しみにしてたんだけど…コディーノはやっぱり完成度の高さがウリだよなぁ。

朝日杯の時よりは全然よく見えない。それでも弥生賞までは軸には最適だと思う。

エピファネイアは大物感はあるんだけど、やっぱりシンボリクリスエスだなぁ。全くキレを感じない馬体で、ダービー向きとは言えなそう。
逆に言うと弥生賞や皐月賞で前受けした方が信頼出来る。
今年の有馬記念の穴馬候補かなぁ…。

小姓:じゃあその二頭でいいじゃないですか。

軍師:それでもこんなに人気かぶる程の大物二頭には見えなくて…。もちろんいい馬だけど、今年は他にもこのレベルの馬が沢山居る。

特に◎から▲までの3頭はレベル高い。
◎は東京向き。ダービーが楽しみなタイプ。それが前走中山でも勝ってるんで、人気も考えて本命!

○は皐月賞でがっつり買いたいいい馬。前走人気薄で走っているので本命が打ちにくい分対抗まで。

▲も東京向き。本当は買いたくないけど、大物感がかなりある。

★も東京向き。大物感はそこそこ。トライアルはこういうタイプが走る気がするので。

ほいじゃ!また細かくは皐月賞前にでも!!

いざ!クラシックトライアル!!弥生賞はこう攻める。

2013 - 03/03 [Sun] - 05:48

殿:よ~し。本日は弥生賞だ!
小姓全軍突撃の準備はできてるな?

小姓:殿。本当に全軍突撃でよろしいのですか?

殿:あぁ。もう腹は決まった。
今回は勝負にでるぞ!!!

小姓:殿がそうおっしゃるなら・・・・わかりました。
では今回弥生賞を戦う布陣をお願いします。

殿:うむ。
今回我が軍に召集するのは以下の将達だ。

FC2 Blog Ranking
(カミノタサハラ)
○コディーノ
▲エピファネイア
★ダービーフィズ
△キズナ

小姓:あら、ずいぶんすっきりしましたねぇ。

殿:まぁな。
先行逃げ粘り馬券も考えたが、思いのほかオッズもつかない。
皆考えることは一緒というわけだw
というわけで、純粋に勝負になりそうな馬だけで、勝負することにする。

小姓:昨日◎のキズナが△になってますが?

殿:血統、厩舎の期待度、過去弥生賞(7,5,0,2)の鞍上、
過去の傾向を考えると◎なんだが、走るのは馬だ。当然だがなw
個人的には好きな血統だし、応援したい気持ちもあるが、
正直なところをいうとわしの中ではこの馬に対する評価は半信半疑なのだ。

黄菊賞自体のレベルが疑問だったわけだが、
黄菊賞2着だったトーセンパワフルが土曜の中山9Rで7着轟沈。
さらに疑いが増してしまった。

だがやっぱり名前的にも切れぬがなw

小姓:では◎は?

殿:うむ。今回のメンバーで唯一不気味な存在だ。
末脚にパンチ力あるし血統背景、騎手、厩舎、馬主とバックグランドも申し分なし。
元々気になって色々調べてて見つけたのが、
昨日紹介したあるブログの記事だ。
昨日の記事はこちら
ゲートで遅れて後方からの競馬になっているが、
新馬戦は好位から突き抜けている。
おもしろいじゃないか、期待しよう!!

小姓:では陣形のほうを!!

殿:おぅ。
陣形は3連複5頭BOX!!!

小姓:え~~~。シンプルですねぇ~^^;
いつもの陣形の説明はないんですか?

殿:うむ。
わしの予想をまとめると、
今回上位人気3頭中2頭は複勝圏内だと思っているし、
人気馬一角崩しは
FC2 Blog Rankingと★ダービーフィズ。
そして勝つのは上位人気3頭の内どれか。

人気馬が勝つ可能性が高い場合は、連単系馬券は効果を発揮しない。
連単系マルチ馬券よりも連複系馬券にズドンといった方が効果が高いというわけだな。
もちろん決め打ちすれば連単系馬券は効果は高いがリスクが増える。

というわけで、
わしの思惑をすべて包括できる陣形は3連複5頭BOX!!!!
というわけだ。

小姓:なるほど。。。

殿:なんか物足りないような感じだなw
心配するな!今回は1点あたりいつもの兵力の5倍だ。
◎から上位3頭への組み合わせに関してはいつもの10倍の兵力を投入するぞw

これでもまだ兵力が残る。
残った兵については、奇襲部隊としてもっと野心的に攻めてみようか。

小姓:おぉぉ勝負にでますねぇw
ドキドキしてきました。

殿:ばかもの。これはまだ通過点だ。
この戦を勝利できれば、もうひとつ上のレベルでの戦いができる。
ドキドキするのはそっからだ。

では、いざしゅつじ~~~~ん!!!!!!!!

弥生賞!2強に勝つのはこれか!?

2013 - 03/01 [Fri] - 18:50

殿:よーし弥生賞の枠順が確定したな。
狙い馬が好枠を引いたぞ。

小姓:エピファネイアは大外ですか。
どうなりますかね。

殿:ただ今回は12頭と頭数も少ない。
例年程の不利はないんじゃないかな?
でわ、今回ワシと共にクラシックトライアル弥生賞を戦ってくれる我が軍の将を紹介しようか。

◎キズナ
○コディーノ
▲エピファネイア
★カミノタサハラ
△ダービーフィズ
注マイネルクロップ
注ミヤジタイガ
注バッドボーイ

○は今回厩舎異例の木曜追い。
▲はG前仕掛けで併走遅れ。
これは明らかに前哨戦仕様の追い切りだ。まぁ既に賞金持ちなので当たり前だがな。

そこで、本命は◎キズナだ。
今回は3着以内に入らなければ、クラシック戦線に乗り遅れる事になるし、
ダービーまで考えれば、連対は必須条件。人気馬2頭とは気合いの入り方が違う。騎手も弥生賞を7勝している武豊。
今年は3歳牡馬重賞をディープ産駒がまだ勝っていない。
期待するしかないだろう。

○と▲は枠順の差。
○コディーノは絶好3枠3番。
器用な馬だし、3着以内は堅いと考える。

▲エピファネイアは勝てば本物。
ここ3走を観ても確かに強い。
ラジオNIKKEIでは4角で◎は馬なりでかわされてしまった。
ただどーしても血統が気になる。
それに加えて、調教内容と枠順そして人気。
さて、どうだろう。

★カミノタサハラについて調べていたら、おもしろいブログを発見した。
ここに書かれている記事を信じればかなり期待出来る逸材だ。
(G1を狙える素材カミノタサハラ)
まだまだ成長途上で荒削りだが、
人気が無いなら狙ってみる。

押さえは
△ダービーフィズ。蛯名は★ではなくこの馬を選択。前走は今までとは違った中山仕様の早め進出での勝利と内容もいい。
蛯名の選択に乗っかる。

注は展開の鍵を握る先行馬3頭。
展開次第で複勝圏内もある。
それは過去の歴史が物語っている。
特に内枠を引いたミヤジタイガとマイネルクロップには期待したい。

と、まぁこんな感じだな。

小姓:今週も野心的に人気薄を狙いますね?

殿:うむ。切るべきは人気馬だな。上位人気が本線なので、少しでも可能性があるのであれば人気薄は押さえとくに限る。
安めで決まれば諦めるというスタンスだ。

小姓:なるほど~。
敵将はヘミングウェイとサトノネプチューンですか~。
やられなきゃいいですがね?

殿:そこは陣形でカバーだ。
ただ、今回の我が軍の将を見てみろ。
これで負ければ、ごめんなさいだろw

小姓:では肝心の陣形は?

殿:うむ。それはこれから考える。
先週の勝利で兵力が増えたからな~。
今週は思う存分戦える!
全軍突撃の予定だ。♪(´ε` )

小姓:全滅しなきゃいいですけど
( ;´Д`)

他の予想ブログも参考にどうぞ!
FC2 Blog Ranking

2強に割って入るのはどの馬か?

2013 - 02/27 [Wed] - 12:31

小姓:殿~今年の弥生賞は堅そうですね~。

殿:そうだなぁ。
こういう2強対決は久しぶりかなぁ。
あまり2頭には逆らわない方が良さそうな感じではあるな。

しかし、それでは面白くない。
2頭とも不利なく無事に周ってこれる保証はないしな。

小姓:ではなにかいますか?

殿:展開面では、
バッドボーイ、ミヤジタイガの2頭だ。
前者はラジオNIKKEI2着。
後者は中山1800mを先行して鬼タイムで勝利している。

内枠に入る様なら積極的に狙いたい。

小姓:他には?

殿:わしが能力的に期待してるのは、
これだな。
↓↓↓
FC2 Blog Ranking

前走は自己条件とはいえ、レベルは高い。
そのレースの2着馬は次走500万勝ち。
3、5着馬は後のセントポーリア賞1、2着。
4着馬は寒竹賞3着、6着馬は東スポ杯4着の実力馬だ。
しかも上がり33.1での差し切りだから、期待できるんじゃないか?

小姓:ただ今回は中山ですからね~?

殿:問題はそこだな。
この辺りは軍師に馬体診断してもらわないとな。

小姓:そういえば、軍師姿みせませんね。

殿:うむ。
色々忙しそうだしな。
だが、今週はクラシックトライアルだ。分析はばっちりやってるさ。
♪(´ε` )

小姓:ですね。(^^)

 | HOME |  »

FC2カウンター

プロフィール

殿一気♪

Author:殿一気♪
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

人気記事ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。